シミを治す方法

フィットネスクラブに通う

これまでの薬によるシミ治療は、どのようなものが一般的なのでしょう

これまで、シミを改善するための様々な薬が開発されてきました。シミのための薬は大きく分けて、外用薬と内服薬に分けられます。 まずは、ハイドロキノン軟膏、トレチノイン軟膏などの外用薬があります。この二つは、現在のシミ治療において皮膚科で処方される代表的なものです。肌に直接塗ることで、シミを改善します。 内服薬で代表的なものは、トランサミン、ビタミンC、L-システインなどがあります。これらを、シミの種類によって使い分けるのが現在の一般的な治療となります。

今後は、どんな方法が主流となっていくのでしょう

シミの改善には、症状に合った薬を使用することが大切です。また、改善するまで継続して使用することも重要です。本格的に治療したい場合は、皮膚科を受診するのも良い方法ですが、多忙などの理由で皮膚科通いが難しい人も多いでしょう。 今後は、ハイドロキノンなどの効果的な成分を配合した化粧品を継続的に利用して、シミを改善していく方法が主流となっていくでしょう。処方箋が無くても手に入れることができるので、皮膚科に通う必要が無く手軽に利用できます。 化粧品の場合、皮膚科で処方される薬に比べて成分の濃度が低くなります。そのため即効性はありませんが、薬による副作用が起こりにくいというメリットがあります。 シミに有効な成分を安全な形で継続して取り入れる方法は、今後より注目されていくでしょう。